なに色の気持ち!? ~色彩心理キュービックⓇ・キュービックマム~

こんにちは、
です

振りまわされない子育てのススメ

私はこれまで人並みに、たくさんの子育て本や子育て講話を聴いてきました。
読んだあとや聴いたあとは、『なるほどな』と納得するのですが、
いざ子どもを目の前にすると全く活かされないのです。。。( ;∀;)
ですから、
良い話も素直に受け取れず、
どれも他人事のように思えてなりませんでした。

どうしてなの?
世の中のママは自分の子育てに納得できてるの?

自問自答をよくしていました ( ´∀` )
そんな頃に色彩心理に出会って
言葉にならない感情を色で視覚化することを
学びはじめました。

例えば
人の心をひとつのコップだとします。

毎日過ごしていく中でコップの中には、楽しくてワクワクするような前向きな感情や
悲しくて傷ついた後向きな感情が、たくさんたまっていきます。
その複雑でたくさんある感情のコップは、ためていくいっぽうだと、
いつしかあふれてきてしまいます。
あふれ出る前に人は気づいて言葉にして吐き出したり、何か行動して発散していく
のでしょう。

ひとつひとつのどんな小さな感情も捨てないで、救ってあげる

その繰り返しが、
あなた自身と子どもを理解することにつながり、
しいては
マニュアルとして目には見えないけれど
あなた流の世間に振り回されない、
例え揺れうごいても、
またあなたの子育てができるのではないかと思っています。

今日はなに色の気持ち???

わたしはよく子どもに
『今日はなに色の気持ち?』と聴きます。
先日は
『今日は水色の気分♬』と返ってきました。

水色は大らかで細かいことは気にせず
柔軟な心の状態をいいます。

いま家にいることが多く
遅寝遅起(笑)が続いている時に
自分の心を『水色』と表現したのです。

↑水色のときってこんな感じ♬

『いつまで寝てるの???』と
小言を言いたくなる気持ちもわかりますが、
子どもにとって気持ちをで表すことは立派な意思表示。

ひとの行動には目的があり
そこには感情ありき

なのです♡

たまにはあなたから、
『今日は○○色の気分』と周りに伝えてみては
いかがでしょう♬
きっと話題が広がることと思います。

言葉がけのセンスをみがこう♬

色彩心理で心の色がわかると子どもが持っている期待感や
かけてほしい言葉がけがわかるようになるので、
親子で心地よい関係がきずいていけます。

何度同じことをいってもいつもの繰り返しになる。。。というケース、
その原因は言葉がけにあるかもしれません。
あなたが言ってる言葉がけが子どもの心に届いていないのかも☝

毎日うるさく大声で『ママ!ママ!』というのは、
あなたに聞いてもらいたいことがあるのかもしれない。

あなたが何を聞いても『べつに。。。』しか言わないのは、
あなたに今はほどよい距離で見守っていて欲しいだけなのかもしれない。

いまこそ
あなたの子育てを色彩心理をつかって
楽しく柔軟に、みなおしてみませんか (⌒∇⌒)

■『6時間で子どもがみるみるかわる♬』
子育て応援プログラム キュービックマム
3才から中高生ごろまで応用できます♡


↑クリックをどうぞ

画像をタップして簡単登録 お気軽にどうぞ
ID検索⇒@ahq7906z

公式LINEQRコード

 

お問い合わせはこちらをクリック

 

関連記事

PAGE TOP