NPO法人COCONET沖縄支部 ~色彩心理キュービックⓇ~

こんにちは、
です

COCONETの活動

NPO法人COCONET(ココネット)とは
色彩の魅力を使って社会貢献を目的とした活動をしている団体で、
沖縄支部を含め全国で9か所支部があります♬
各支部が特長を生かしてそれぞれに活動をしています。
NPO法人COCONETのHPはこちら☆

沖縄支部では支部長と役員の皆様が中心となって2ヶ月に1度、
色彩心理勉強会を開催しています♡
(非会員の方もご参加できますよ)

コロナ感染拡大防止でずっと開催が延期となっていましたが、
6/8に久しぶりに皆さまと笑顔で再会することができました♬

ELMアドラー勇気づけ講座

今回はキュービックⓇでも応用されているアドラー心理学の体験型学習をし、
テーマは『当たり前の価値を再確認する』☝でした。

一連のコロナ騒動で自宅にいる時間がながくなりましたが、
不自由さを感じた以上に、『当たり前の幸せ』を皆さんたくさん感じられたようです。
この日に参加者全員が健康で勉強できるということも
決して当たり前ではなく、幸せなこと♡ですね (⌒∇⌒)


↑↑↑
順番で私がリーダーを務めました。貴重な経験をありがとうございます。

勇気づけられたエピソード

ひとつ前のブログにて、『アドラーに救われた女性たち』の話を書きました🖊
こちら☆

そこで書ききれなかったこと、ココネットでアドラーワークをし思い出したエピソードが、
ありますのでご紹介しますね。

娘が1才の頃、指しゃぶりをしている娘の手をむりやり引っ張って口から外していた私。
(歯並びが悪くなると。。。乳幼児健診で聞いたので守ってました💦)
そんな時、

当時お世話になっていた幼児教育の先生から『おしゃぶり気にしていますか!?』
と声をかけられました。私は『はい。。。』と答え、
(実は私もずっと指しゃぶりしていたので無理やり手を外すことに後ろめたさもありました)

『○○ちゃん娘の名は、おしゃぶりしながらたくさんのことを目で追ってよく見ていますよ。
集中して見ていますので、外さないであげてくださいね♬
私は○○ちゃんは周りをよく見ている賢い子だと思っていますよ』

良いだし、勇気づけを頂きました。

当時の私は初めての子育てでいっぱいいっぱいでしたから、
指しゃぶりも必死に何とかやめさせようとしていたんです(笑)
先生からの笑顔の良いだしは私の心をファっと軽くしてくれるものでした♡

先生はおそらくたくさんの心理学を学ばれアドラーもご存知の先生だったと思います。
良いだしのひとことで、私は指しゃぶりの行為だけしか見ていなかったな。。。と
大いに反省をしました。
健康で注意深く周りをよく見ている、娘の当たり前の価値
すっかり見落としていたことに気づきました。
その日いらい私は一切指しゃぶりは外さずに(歯医者さんからは注意をうけながらも)
娘がいずれは自分で指しゃぶりを辞めようと思う日がくるまで充分にやらせてあげようと

決めた思い出の日です。
結果。。。どうなったかというと(笑)
小学1年生になって前歯(乳歯)が抜けた時、もう指しゃぶりはできない!と
涙しながら悟り、その日から一切しなくなりました。
娘がはじめて自分で決めた記念日ではないでしょうか(⌒∇⌒)

※現在娘の歯並びは特に矯正するようなこともなく
虫歯ゼロの優等生(笑)であることを付け加えておきます♡

アドラー心理学のワークは2名様からお受けしております。
あなたも良いだし名人を目指しませんか

お問い合わせはこちらをクリック

画像をタップして簡単登録 お気軽にどうぞ
ID検索⇒@ahq7906z

公式LINEQRコード

 

 

関連記事

PAGE TOP