一歩踏み出してみたくなる理由 ~色彩心理キュービックマム・沖縄~

こんにちは、
です。

 

4人のお子さんをもつ、ワーキングママ。
子ども達と向き合うために、もっと上手な声がけがあるのでは!?と、
オンラインでお話しを聴かせて頂きました。

もっとずっといい、言葉がけ

『なんども同じことを言ってます』
『先に先にと予測して、子どもに口出し、してしまいます』

私が、子育てママに講座を開講すると
必ずといっていいほど、上記のようなことを耳にします。
ココだけの話、私も同じようなことを言っていました💦

 

さて、子どもの心に届く言葉がけを、
意識したことは
ありますか!?
一方的に、あなたがこうなるであろう、
との前提で、
声をかけては、いないでしょうか!?
おっと‥私も経験があるので、聞いてます。

今回のワーキングママのSさんは、子どもたちが下校すると
部屋に入る前には、靴下を脱いで、
足を洗ってから部屋に入るよう、声をかけているようです。
気づいたらお部屋が砂だらけになることありますよね( ;∀;)

何だかこの話を聴くと私の子どもの頃を思い出します。
私も母から、同じように言われていましたから。。。
毎日言われていたので、洗脳のように頭に刻みこまれ、
今でも自分で足を洗ったりしてます(笑)
気持ちいいですけどね~ 
(^▽^)/
大人になってから実感してることですが(笑)

こういった毎日のルーティンを当たり前のように過ごしてしまうか、
それとも、
『ママの話を聴いてくれてありがとう』
という気持ちで、

関わっているかで、だいぶ気持ちが前向きに
なるんですよ~♡

とSさんに、お話ししたところ、

汚い足で歩かれたくない、足を洗わせているとかどうしても手放せなかったこと、
えみさんに、してくれて(足を洗ってくれて)ありがとうって気持ちで。。。と言ってもらえて
救われました。腑におちたというか。

という、ご感想をいただけました。

見方をかえて、
『ありがとう』っていう気持ちで関わったら、
自然とママの気持ちも穏やかになって
『すっきりしたね♬』なんて、
さわやかな言葉がけが

さらり✨、とでてくると思うのです (⌒∇⌒)

 

未来の心配は吹き飛ばそう


冒頭でふれましたが、

ママは先を予測することができるので
大変なことにならないように、
可哀そうな思いをしないように、

ママの手を煩わせないように (笑)
先手必勝法がお得意になりがちです。

思い出してみてください。
歩き始めの1歳前後の子が、

よちよち歩きで何度転んでも、歩くのを諦めませんよね。

それと同じように、
子どもが経験で得ることがたくさんあるのです。

『経験に勝るものはない!!!』

と耳にするように、1歩踏み出して、
今、目の前で、必死に訴えている子どもの
声なき声を
大切にしませんか♡

色彩心理で育むことができます。

 


↑↑↑画像をタップすると子育て応援プログラム
『キュービックマム』の詳細へいきます。


■□
■□■□■□■□■□■□■□

9月1日より料金改訂がございます。
詳細はこちら☆☆☆をご覧ください

お問い合わせはこちらをクリック

画像をタップして簡単登録 お気軽にどうぞ
ID検索⇒@ahq7906z

 

関連記事

PAGE TOP